コエンザイムQ10のすべて

コエンザイムQ10でダイエット

運動不足、加齢、食の欧米化など肥満の原因はさまざまですが、特に中高年の肥満対策として注目を集めているのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10を補うことによるダイエット効果とは、どのようなものなのでしょうか。

1.コエンザイムQ10と脂肪燃焼

ダイエットの話題でよく「脂肪が燃焼する」という言葉を耳にしますが、もちろん実際に燃えているわけではありません。人体の細胞内において脂肪や糖を燃料にして活動エネルギーが産み出される、その代謝サイクルを表現しています。

このプロセスの中で、脂肪や糖を燃焼するスイッチの役目を果たすのがコエンザイムQ10なのですが、問題はコエンザイムQ10の量。加齢や運動不足にともないコエンザイムQ10の合成量は低下しつづけます。結果、脂肪の燃焼活動が少なくなり、食事から取り込んだ脂肪や糖を溜めやすくなるというわけです。

「そんなに食べていないのに太る」そんな中高年女性の溜め息の理由の一つに、コエンザイムQ10不足による肥満サイクルに陥っていることが挙げられます。
そんな中高年女性への朗報がコエンザイムQ10です。体内で減少したコエンザイムQ10を補うことで脂肪や糖がエネルギーに変換されやすくなり、寝ていても脂肪をエネルギーに代える「基礎代謝」が改善。若い頃のように、つねに太りにくい体内環境へもどしていくことも可能というわけです。

ブドウ糖をエネルギーに代える酵素αリポ酸、脂質の代謝促進に効果のあるアミノ酸Lカルニチンも加齢にともない減少してしまう物質です。これらとコエンザイムQ10を同時に補うサプリも発売されていますので、より効果的なダイエットをめざしたい方は注目してみてください。

2.コエンザイムQ10とむくみ太り

女性にとってむくみは大敵。放っておくと下肢が冷えて脂肪も蓄積しやすくなり、いわゆるむくみ太りという状態を招いてしまいます。そこで補いたいのが心臓のポンプ機能を盛んにするコエンザイムQ10です。

心臓の収縮活動が活発になることで脚先の血管が拡張され、血液やリンパの流れが正常に整ってきます。これと同時に、脂肪の燃焼に必要なリパーゼも腰から下に流れるため、下半身のぜい肉へのスッキリ効果も期待できます。
運動不足に加えて、一日中座り仕事、立ち仕事という方、にもコエンザイムQ10が効果的です。

3.コエンザイムQ10と筋肉

コエンザイムQ10は、加齢による筋肉量の低下と深く関係しているといわれています。そのためコエンザイムQ10中高年からの筋肉づくりの一助として注目されていますが、筋肉量が少なく脂肪の多い女性のボディメイクダイエットにもおすすめです。

ボディメイクダイエットのセオリーは、筋肉が多いほど脂肪の代謝が上がり痩せやすくなるというもの。実際、コエンザイムQ10を補給することで筋肉内の毛細血管が活発に収縮するようになり、運動による筋肉づくりとともに、激しい運動による筋肉の傷も素早く補修して筋肉痛や疲労感の回復にも役立ちます。

コエンザイムQ10を活用して筋肉をつくり、同時に食事制限をプラスできれば、よりスピーディーなダイエット効果が期待できます。

4.コエンザイムQ10と便秘

便秘は余分な脂肪や糖の吸収につながるためダイエットの大敵です。
コエンザイムQ10は内臓の働きを支える効果でも知られ、自然な排泄をうながす腸の活動を高めて便秘解消に役立ちます。

不溶性食物繊維や乳酸菌が配合されているコエンザイムQ10サプリメントを選ぶとよりスムーズな便通が期待できますが、ユーザーの中には「コエンザイムQ10を飲むと便秘になる」という声を寄せる人もいます。その場合、十分に水分を摂取していないことが多いようですので、コエンザイムQ10以外にどのような成分が配合されているのか、製品の注意書きをよく読んで使用しましょう。

ページのトップへ戻る